2007年09月26日

ピーターの法則

・能力主義の階層社会に於いて、人間は能力の極限まで出世する。すると有能な平構成員も無能な中間管理職になる。
・時が経つに連れて人間は悉く出世していく。無能な平構成員はそのまま平構成員の地位に落ち着き、有能な平構成員は無能な中間管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は無能な人間で埋め尽くされる。
・その組織の仕事は、まだ出世の余地のある、無能レベルに達していない人間によって遂行される。

ふむふむ。うーむ。
これって、前提として
・キャリアパスが一直線で分岐がまったくない
・キャリアパスが一方通行
ってのがあるってことだよね。
優秀な部下として生き続けられる環境があればこうはならないはず。

さて、ウチの会社は…この法則が当てはまる体質だよなぁ。見事に。
「無能な中間管理職」になりたくなくてあえて出世しない人がいるぐらいで。イカンねぇ。
posted by しゅん at 08:06| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。